物語タイトル&目次

 クロス 
十字架の絆

 羽ばたける力をつけた鳥は、次はどこへ行くんだろう?
 「その羽をむしり取って・・・・・・あなたは自分が羽ばたこうというの?」
 違う・・・違う!
 ・・・・・・俺たちは、一体どこで間違えてしまったんだろう・・・。

 ☆登場人物紹介☆dangerネタバレ注意です!

 一.椎名兄弟

 二.黒髪の美人

 三.喘息

 四.近藤の想い

 五.携帯電話

 六.九条夫妻の事情

 七.母と子の再会

 八.空

 九.絢音の計画

 十.受け入れられない血

 十一.知らされた事実

 十二.絆に穿たれた溝

 十三.斗音の決心

 十四.鎖

 十五.条件

 十六.インターハイ開始

 十七.隼 刀威 (はやぶさ とうい)

 十八.個人決戦開始

 十九.出そろうベスト8

 二十.頂上決戦

 二十一.許し

 二十二.インターハイ in 名古屋

 二十三.決着

 二十四.絆だから

 二十五.疲労

 二十六.新たな人間関係

 二十七.三週間

 二十八.如月祭

 二十九.如月祭 そのニ

 三十.如月祭 その三

 三十一.如月祭 その四 (体育祭・前半)

 三十二.如月祭 その五(体育祭・後半)

 三十三.近衛家

 三十四.煙草

 三十五.存在価値

 三十六.鷹司の報復

 三十七.果たせない約束

 三十八.波乱の新人戦

 三十九.準決勝

 四十.如月V.S.桜花

 四十一.狂気の始まり

 四十二.狂っていく関係

 四十三.悲鳴

 四十四.嵐の洞察

 四十五.祈り

 四十六.崩壊していく精神(こころ)

 四十七.雪

 四十八.イブの計画

 四十九.プレゼント

 五十.心の求めるもの

 五十一.命の重さ

 五十二.目覚め

 五十三.たくさんの想い

 五十四.卒業式

 五十五.十字架の絆

 蒼 紫月のつぶやき(7月13日追記)

 ☆Up date☆
 8月24日:「十字架の絆」START
 8月31日:「二.黒髪の美人」
 9月15日:「三.喘息」
 9月22日:「四.近藤の想い」
 9月28日:「五.携帯電話」※danger場面の演出上、高校生の喫煙場面がありますが、20歳未満の喫煙は法律で禁じられています。絶対やめましょう。
 10月5日:「六.九条夫妻の事情」
 10月12日:「七.母と子の再会」
 10月19日:「八.空」※danger場面の演出上、未成年がアルコールを摂取していますが、お酒は20歳からです。未成年の方は絶対真似しちゃダメですよ。
 10月26日「九.絢音の計画」※danger物語の演出上、様々な作品が取り上げてありますが、これはあくまでフィクションであり、実在のものとは一切関係ありません。御了承ください。
 11月1日:「十.受け入れられない血」
 11月7日:「十一.知らされた事実」
 11月15日:「十二.絆に穿たれた溝」
 11月22日:「十三.斗音の決心」
 11月29日:「十四.鎖」※danger登場人物の性格の演出上、未成年にアルコールを勧める場面がありますが、あくまでお酒は20歳からです。未成年に勧めてはいけません。よい大人は絶対に真似しないでください。
 11月30日:「蒼 紫月のつぶやき」コーナーを設置
 12月6日:「十五.条件」※dangerあくまでこの物語はフィクションであり、登場する学校名や公共施設名などは、実際にあるものとは関係ありません。「蒼 紫月のつぶやき」追記
 12月13日:「十六.インターハイ開始」
 12月20日:「十七.隼 刀威」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 12月27日:「十八.個人決戦開始」
 12月30日:「蒼 紫月のつぶやき」にて、年の瀬のご挨拶
 ’09年1月4日:「十九.出そろうベスト8」 「蒼 紫月のつぶやき」にて、年始のご挨拶
 1月10日:「二十.頂上決戦」
 1月17日:「二十一.許し」
 1月24日:「二十二.インターハイ in 名古屋」「蒼 紫月のつぶやき」追記
 1月31日:「二十三.決着」
 2月7日:「二十四.絆だから」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 2月14日:「二十五.疲労」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 2月21日:「二十六.新たな人間関係」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 2月28日:「二十七.三週間」
 3月7日:「二十八.如月祭」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 3月14日:「二十九.如月祭 そのニ」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 3月21日:「三十.如月祭 その三」
 3月25日:「登場人物紹介」コーナー設置 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 3月28日:「三十一.如月祭 その四 (体育祭・前半)」
 4月5日:「三十二.如月祭 その五(体育祭・後半)」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 4月11日:「三十三.近衛家」
 4月18日:「三十四.煙草」※danger場面の演出上、高校生が喫煙をしている場面がありますが、その行為は法律で禁じられています。絶対真似しないでください。あと、煙草のポイ捨ても! 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 4月26日:「三十五.存在価値」 すみません、ちょっと遅くなりました…bearingsweat01
 5月2日:「三十六.鷹司の報復」
 5月9日:「三十七.果たせない約束」
 5月16日:「三十八.波乱の新人戦」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 5月23日:「三十九.準決勝」
 5月30日:「四十.如月V.S.桜花」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 6月6日:「四十一.狂気の始まり」
 6月13日:「四十二.狂っていく関係」
 6月20日:「四十三.悲鳴」※danger読まれる方によっては、やや過激な場面描写があるかもしれません。お気をつけください。 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 6月27日:「四十四.嵐の洞察」
 7月4日:「四十五.祈り」
 7月11日:「四十六.崩壊していく精神」※danger読まれる方によっては、やや過激な場面描写・展開があるかもしれません。お気をつけください。 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 7月18日:「四十七.雪」
 7月25日:「四十八.イブの計画」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 8月1日:「四十九.プレゼント」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 8月8日:「五十.心の求めるもの」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 8月15日:「五十一.命の重さ」
 8月22日:「五十二.目覚め」
 8月29日:「五十三.たくさんの想い」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 9月5日:「五十四.卒業式」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 9月12日:最終章「五十五.十字架の絆」 「蒼 紫月のつぶやき」追記
 12月24日:「蒼 紫月のつぶやき」追記
 12月30日:「蒼 紫月のつぶやき」にて年末のご挨拶
 ’10年7月13日:「蒼 紫月のつぶやき」追記
 ’11年11月12日:「蒼 紫月のつぶやき」追記new 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登場人物紹介

 こちらのページでは、これまで出てきた物語の登場人物を紹介しています。基本的に、登場が遅いほど紹介は下になりますが、現在公開している話までの登場人物を少しずつ紹介していきますので、物語を読んでいないとネタバレになる可能性もあります。お気をつけください。

 十字架の絆

 椎名 斗音 (しいな とおん)
 
この物語の主人公の一人。先天性の気管支喘息を患っているが、基本的に前向きで、何にでも挑戦しようとする積極的な性格。外見は、日本人とフランス人のハーフである特徴が色濃く出ていて、とても綺麗。慈恩の双子の兄であることが誇り。ピアノとバスケットボールのシュートが得意。如月高校2年3組。バスケ部所属。

 椎名 慈恩 (しいな じおん)
 
この物語の主人公の一人。特に両親を亡くしてからは、双子の弟として、身体が弱い斗音を誰よりも気遣っている。黒髪と黒い瞳を持つ長身は、日本の若武者を思わせる。有能だが、あまり表に出たがらず、とても落ち着いた性格。剣道は全国大会の常連の腕前。料理や家事が得意。如月高校2年5組。もちろん剣道部所属。

 近藤 勇鯉 (こんどう ゆうり)
 
如月高校3年3組。剣道部部長。慈恩の剣道の腕と人柄を誰よりも見込んでいる。豪快で自他共に厳しい上、口癖は「死ね」「殺す」。背も高く、整った顔立ちだが、その性格のため、どちらかというと野獣じみたイメージを周りに与えている。剣道はパワーで押しまくるタイプで、全国レベル。

 東雲 嵐 (あずも あらし)
 
如月高校2年5組。バスケ部所属。斗音・瞬・翔一郎と4人で「出来過ぎ集団(パーフェクツ)」と周りから呼ばれているが、その中でも全てにおいて異彩を放っている。髪は淡紫色で、瞳は角度によってグレーに見える。何か秘密裏の仕事をしており、周りとは別の世界を持つ。慈恩の親友。

 樋口 瞬 (ひぐち しゅん)
 
如月高校2年3組。バスケ部所属。「出来過ぎ集団」の一員で、並のアイドル(の女の子)より、遥かにかわいらしい外見の持ち主。髪はやわらかい質と色で長め。ただ、出来過ぎ集団の中では、運動や学力において唯一優れたものをもたない。嵐、特に翔一郎にわがままを言う傾向あり。

 羽澄 翔一郎 (はずみ しょういちろう)
 
如月高校2年3組。バスケ部所属。「出来過ぎ集団」と慈恩を合わせた中では最も長身で、ジャンプ力はピカイチ。爽やかで優しい好青年。相手の気持ちを汲み取ることができ、周りにさり気なく気を遣える。嵐や斗音のよき理解者だが、なぜか瞬と話していると、コントになってしまうことがある。

 今井 史弥 (いまい ふみや)
 
如月高校生徒会長。3年1組、テニス部部長。全校からの信頼は厚く、そのリーダー性はやはり全校一。全校の前でもタメ口。同じく執行部に所属する莉紗と付き合っている。斗音の有能さやリーダー性をかって、副会長に推した。知性を漂わせる風貌で、影ながら斗音や慈恩を見守っている。

 伊佐治 莉紗 (いさじ りさ)
 
如月高校生徒会執行部員。3年5組、女子バレー部部長。執行部の紅一点で、今井と付き合っている。ショートボブで柔らかい髪を持ち、知的だがかわいらしい。女の子らしい気遣いを見せつつ、仕事はかなりできる。時折感情的な部分を見せることがある。

 弓削 清重 (ゆげ せいじゅう)
 
如月高校生徒会執行部員。3年6組、陸上部副部長。ハイジャンプの選手で、その力は全国区。賢い好青年。爽やか系で切れ長の瞳は、鋭い観察眼を持つ。勘も鋭く、周りの人間関係や人の感情を読んでいることがある。中学の時から武知と親友。

 武知 玄道 (たけち げんどう)
 
如月高校生徒会執行部員。3年6組、柔道部部長。柔道は八十一キロ以下級でやはり全国レベル。強面でドスのきいた声の持ち主。中学時代はヤンチャな集団のボスだったはずだが、なぜか弓削とその頃から親友だった。磊落で率直だが、根は優しい。

 藤堂 大河 (とうどう たいが)
 
如月高校生徒会執行部員。2年2組。サッカー部所属。明るく快活で、積極的に前に出るタイプ。言葉遣いなども、スポーツ少年らしい元気のよさがある。学力的にもかなり高いものをもっている。が、執行部の中では時々いじられキャラになる傾向がある。

 田近 允(たぢか まこと)
 
如月高校2年4組。剣道部所属。剣道部の中では、比較的慈恩と仲がいい。剣道の腕は、2年生の中では秀でているが、慈恩がいるので目立たない。でも、そんなことはお構いなしで、慈恩をとても慕っている。ツッコミキャラ。クラスでは級長を務めている。

 九条 絢音 (くじょう あやね)
 
九条家の一人娘。34歳に見えない若々しさと、美しい黒髪と黒い瞳の美貌を持つ。桂家から雅成を夫に迎えるが、二人の間にまだ子供はいない。清楚で上品な雰囲気の持ち主だが、その気性はなかなかに激しい。でも、心を許す相手には天真爛漫さも見せる。金銭感覚が、やや麻痺している。

 稲垣 (いながき)
 
如月高校2年5組。テニス部所属。「黒髪の美人」の噂を広げた張本人。

 徳本 (とくもと)
 
如月高校3年3組。バスケ部部長。斗音の喘息のことも副会長の仕事のことも、ちゃんと理解がある。バスケットではセンターを務める。

 岡崎 (おかざき)
 
如月高校3年3組。バスケ部所属。斗音に続く№2シューター。足は速いが、やや瞬発力に欠ける。

 門真 (かどま) 佐野 (さの)
 
如月高校3年3組。バスケ部所属。

 佐々 (ささ) 宮本 (みやもと) 高野 (たかの)
 
如月高校3年。バスケ部所属。

 椎名 ノエル (しいな のえる)
 
斗音と慈恩の母親。フランスの田舎出身。美しい金髪と美貌の持ち主で、クリスチャン。もともと身体は強くなかったが、綺麗な空気だったところから東京へ来て、気管支喘息を患った。斗音と慈恩と絽登を、心の底から愛していた。

 椎名 絽登 (しいな ろと)
 
斗音と慈恩の父親。ノエルとの結婚を反対され、身内とほぼ絶縁状態になりながらも、ノエルを選んだ。外交官として成功したが、ノエルを失ってからは仕事にのめりこみ、家にもいないことが多かった。斗音と慈恩とノエルを、こよなく愛していた。

 三神 元爾 (みかみ げんじ)
 
九条家に仕える使用人。27歳。絢音のボディーガード兼運転手。柔道・空手が三段、合気道二段の腕前。190cmを超える長身で、腕力、脚力ともにとても強い。切れ長でややつりあがった瞳や眉は、精悍な印象。女性に魅力を感じることができない性質。

 九条 雅成 (くじょう まさなり)
 
絢音の夫。九条家より家柄の劣る桂家からの入り婿のため、九条家での権限は強くない。絢音のお嬢様っぷりに振り回されながらも、穏やかに絢音を愛し、慈しんでいる。優しく控えめだが、芯は強い。

 橋本 (はしもと)
 
如月高校3年。剣道部副部長。剣道の腕はなかなかのもの。精神的にムラがなく、強引な近藤をさり気なくフォローしている。団体戦では中堅を務める。

 瓜生 英嗣 (うりう えいじ)
 
如月高校3年3組。ボクシング部部長。如月高校のおちこぼれ非行少年らのボス的存在。喧嘩も腕っ節も強く、鍛えられた体躯をしている。長めの茶髪で前髪がやや鬱陶しい。耳には沢山のピアスをつけている。如月の学力についていけないことにコンプレックスをもっている。

 栃沢 貢平 (とちざわ こうへい)
 
如月高校3年。バンドを組んでいて、所属してはいないが、軽音楽部に出入りしている。そり立つ眉にオレンジ色に染め抜いた髪をもつ。おちこぼれ非行少年らの中では、瓜生に続く№2。高校生のくせに喫煙者。

 志垣 夕人 (しがき ゆうと)
 
如月高校3年。瓜生の取り巻きの一人。金髪。

 佐藤 渡 (さとう わたる)
 
如月高校3年。瓜生の取り巻きの一人。茶髪のだぼだぼ。

 九条 重盛 (くじょう しげもり)
 
九条家の前当主。現在はその座を娘・貴美枝の婿養子に譲っているはずだが、未だ九条家の最高権力者。家意識が強く、そのためならどんな犠牲も他人に強いる、他人に有無を言わせない強さをもつ老人。

 九条 貴美枝 (くじょう きみえ)
 
九条家現当主の妻であり、絢音の母。現当主が入り婿ということで、むしろ貴美枝の方が権力をもっている。家意識は相当強い。

 斯波 安土 (しば あづち)
 
暴力団斯波組の二代目組長。裏の世界の住人だが、表では東洋医学専門家として、整体や気功術、針治療、漢方の処方などを行う。黒髪、黒い瞳をもつ長身の美丈夫。28歳だが、やや童顔で23~4に見えることにコンプレックスを感じている。嵐の裏世界の親友だが、嵐に好意を寄せているらしい。

 九条 智満 (くじょう ともみつ)
 
貴美枝の夫。九条家に婿入りしたが、そのため九条家での権力は小さい。影は薄いが一応現九条家当主。

 安江 (やすえ)
 
如月高校養護教諭。斗音はよくお世話になっているので顔なじみ。三十代の女性で、生徒の相手はお手のもの。

 沢村 水那 (さわむら みずな)
 
九条家の使用人。いわゆる家政婦さん的な仕事を任されている。でも、某家政婦さんとは違って、他人のプライベートには決して深入りしようとしない。料理が得意。

 九条 美弥子 (くじょう みやこ)
 
貴美枝の妹。九条の分家に嫁いでいる。家意識が高すぎて、他人の気持ちは二の次。自己中心的で視野が狭い。

 滝 拓海 (たき たくみ)
 
滝総合医療院の天才医師。金に近い茶髪は自前で、背の中ほどまであり、見事な巻き毛。神の寵愛を一身に受けたかのような美貌の持ち主で、19歳に見えない落ち着きっぷりを見せる。嵐のもつもう一つの世界の知り合いで、嵐が心底惚れ込んでいる人物。暴走族の頭という噂もあるが、真相は不明。

 若園 (わかぞの)
 
如月高校3年3組。剣道部所属。スピードにはある程度自信を持っており、技と速さを併せ持つ。団体戦では先鋒を務める。

 楠 (くす)
 
如月高校3年。剣道部所属。パワー派の選手で、同じパワー派の近藤の強さを誇りに思っている。団体戦では次鋒を務める。

 篠田 (しのだ)
 
如月高校教諭。剣道部顧問。若手で二刀流の使い手。かなりの技量の持ち主だが、過去に大きな怪我をしており、現在は専ら指導専門。選手の力を上手く活かすことができる。

 隼 刀威 (はやぶさ とうい)
 
出雲第一高校2年。剣道部所属。実家が剣道の道場を営んでおり、その跡継ぎとして幼い頃から剣道を叩き込まれた、関西系訛りの天才少年剣士。性格は基本直球ストレートでお茶目なのだが、時折正直すぎて顰蹙(ひんしゅく)を買うことも。慈恩を永遠のライバルと認識している。

 飛馬 要 (あすま かなめ)
 
出雲第一高校3年。剣道部部長。真面目で融通が利かないと隼に称される部長だが、威厳と実力は本物。隼と五分五分に渡り合う力を持つ。隼の力を認め、おっちょこちょいの彼をよくたしなめている。

 出雲第一高校剣道部3年生のみなさん (いずもだいいちこうこうけんどうぶさんねんせいのみなさん)
 
出雲第一高校3年。剣道部所属。スキンヘッドの一人は野津というらしい。隼が2年生にして抜きん出た実力を持っているのを快く思っていない模様。レギュラー陣はそうでもない。

 鈴来 (すずき)
 
東海学園付属高校3年。バスケ部所属。優勝候補の熊本県代表校でエースを務める選手。

 木下 康司 (きのした こうじ)
 
如月高校教諭。バスケ部顧問。30台半ばであだ名はプーさん。現役選手ではないため相当体格はいいが、審判のライセンスもあり、指導者としての腕はかなりのもの。とても気さく。

 百瀬 (ももせ)
 
如月高校2年。剣道部所属。パワー派で、実力は田近と同等のレベル。3年生引退後は大将を務める。

 斉木 (さいき)
 
如月高校2年。剣道部所属。大変強気で勢いがある。掛け声は「うらぁ!」3年生引退後は先鋒を務める。

 小林 (こばやし)
 
如月高校2年。剣道部所属。小柄でスピードと引き技に長けている。3年生引退後は中堅を務める。

 堂本 (どうもと)
 
如月高校2年。剣道部所属。粘り強く、スタミナがある。慈恩を慕っている。3年生引退後は次鋒を務める。

 和田 (わだ)
 
桜花高校2年。剣道部所属。くるっとした目が特徴で、自分の感情に素直。剣道部のムードメーカーの一人。慈恩にクラスで初めて話しかけた人物。家柄はそれほどよくない。団体戦ではぎりぎりでレギュラーに入るくらいのレベル。

 櫻木 (さくらぎ)
 
桜花高校教諭。慈恩のクラスの担任。淡々としており、堅いイメージ。

 近衛 悠大 (このえ ゆうだい)
 
桜花高校2年。剣道部部長。慈恩のクラスで学級代表を務める。家柄は申し分なく、鉄壁の優等生を演じており、他人とは一線を引いた接し方をしている。先生や生徒たちからの信頼も厚いが、実は結構な皮肉屋で、自分が家の駒になることを嫌っている。慈恩を慕い、慈恩にだけは本音で接する。

 東坊城 美陽早 (ひがしぼうじょう よしひさ)
 
桜花高校2年。剣道部副部長。とてもお人好しで、幼い頃からやっている剣道の腕以外は平凡な少年。家柄は悪くないが、その性格ゆえ周りからあまり評価されていない。

 秋月 (あきづき)
 
桜花高校2年。剣道部所属。団体では先鋒を務めることが多い、スピードを持つ選手。気が優しく、よく他人のフォローをしている。

 名鏡 (めいきょう)
 
桜花高校で校医を務めている20代の男性。心理学にも長けており、カウンセリングなども行っている。

 近衛の母 (このえのはは)
 
悠大の母親。着物の似合う上品な女性。おしとやかな夫人を装ってはいるが、とても賢く、自分の考えをしっかり持っている。家柄意識はそれほど高くない。

 松平 光郎太 (まつだいら みつろうた)
 
近衛の能の家庭教師。兄は蝶郎太。お家意識に縛られた、たいそう腰の低い青年。慈恩に鼓を教えた。

 鷹司 (たかつかさ)
 
桜花高校3年。元剣道部部長。高貴な家柄と冷酷なその性格で、剣道部を意のままに牛耳っていた。家意識に関しては超保守的。縁なしの眼鏡をかけており、全体的にスタイリッシュなルックスの持ち主。

 コーチ (こーち)
 
桜花高校剣道部のコーチ。道場の師範を務める人物で、学校の教員ではない。故に、技術指導はできるが、学校の方針にはあまり口出しできない。

 睦田 (むつだ)
 
桜花高校教諭。剣道部顧問。剣道はちょっとしか経験がない。自分の休みを確保することにはたいそう積極的。

 鳳 真聡(おおとり まさと)
 
桜花高校2年。剣道部所属。団体では中堅を務めることが多い。慈恩を超える長身の持ち主で、パワーがある。優しく紳士的で、家柄もよい。

 一乗寺 (いちじょうじ)
 
桜花高校2年。剣道部所属。日本舞踊の家元の嫡男で、あまり部活に参加できないが、ムードメーカーの一人。クラスでは学級代表を務める。

 高天 和史 (たかま かずし)
 
鷹羽学園高校2年。剣道部所属。白金にまで脱色した髪にピアスの異色の剣士。どうやら嵐の世界に関わりがあるようだが…。

 氷室 煉 (ひむろ れん)
 
如月高校生徒会後期執行部員。1年5組。野球部所属。186cmの長身で、1年にして野球部エース。いつも日に焼けていて、とてもクール。冷静で客観的。

 西園寺 果葡璃 (さいおんじ かほり)
 
近衛の許婚。高校3年生。近衛にはあまり関心をもたれていないが、本人は近衛に想いを寄せている。

 巽 (たつみ)
 
安土の側近のようだ。仕事面でも暴力団の組員としても安土にこき使われているっぽい。医師免許は持たないが、西洋医学の技術も身につけている模様。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

«蒼 紫月のつぶやき